せかい地図更新中。

模範解答はいらない、自分の答えを導く方程式

自殺はなぜダメか

 

 

自殺はなぜダメか。

私なりの答えを述べたい。

 

まず、多くの場合自殺によって

解決されないからだ。

問題解消の仕方に誤りがある。

なにかが上手くいかないなら、

全部やめてしまおうという

考えで死を選ぼうとする。

 

その場合、やめるのは生きること

ではなく、かたちへの執着だ。

勝手に問題化しているのは、

なぜだろう。誰から見てなにゆえに

問題なのだろう。どんなかたちで

あることを放棄したいのだろう。

そういうことをうやむやにして

死のうとするのは、生きることへの執着が

ないくせに執拗なまでにかたちへ

執着しているからだ。執着したいからだ。

ならば、死んでも解決されっこない。

かたちがないのだから。

かたちはかたちで解決するしかない。

 

かたちで解決できることで絶望なんて

するな、かたちで超えられないもののために

賭けるもんだろ命はよ!!

刹那的な「生活」を省みないツケで

″死のう″?死ぬことを″選ぶ″?

ぬかすな。

生まれることも死ぬことも私には

″選ぶ″ことなんてできない。

選べるとすれば、生の始まりから生の終末

までの生き方だけだ。

生活を謳歌してきたのに、生活に溺れたら

″死のう″なんて図々しい話。

生きるのを選んできた人間だけが、本当に

″死ぬ″ということを考えることができる。

お前はどれほど真剣に生きることを

考えてきたか。生活でなく、生きることを

考えてきたか。

己の保身や安寧の為でなく、すべての

かたちの虚しさの為に祈ったことはあるか。

 

 

生きることは別に良いことじゃない。

生活に至ってはたいてい茶番なんだから、

そんなちっさい枠でくくった形式なんかに

縛られるな。ドMか!

いいか、まずはラベルに気づけ。

こうでなきゃいけないとか

こういう人間だとか。そういう貼られた

ラベルなんざ、かたちを出しきる上で

邪魔になるから。ただし、自分の核の

部分を形成しているものもある。

それは根本的な価値観だ。君が生きるのを

支えるものでもある。だから、

それ以外のはがせるもんははがして、

価値観はそれとして認める。ここでいう

認めるは、点検確認のこと。

あるねで十分だ。

そうでなしに、生活を彩っても

かたちを取り繕っても虚しさなんて

癒えやしない。

変わろうとすることや様々な選択よりも

ただ認める、ということがなによりも

難しい。そしてそれができたなら、

すべてじゃなくてもいびつであっても

ぐちゃぐちゃ泣いたまんまでも

「あるね」っていえたなら。

それ以上に大切な生活なんてものが、

あるのかい?

 

 

いじめ、虐待、過労、老化、金銭。

鬱屈とさせている原因はなくならないかも

しれない。ただし、向き合いかたは選べる。

受け取りかたは選べる。

お願いだから近視眼にならないで。

選べるあなたを棄てないで。

そう願うから、可哀想だなんて言わない。

最後の鍵はあなたが持っていなくちゃ

いけないよ。誰かやなにかに委ねているなら

まずはこの手に取り戻すこと。

そこから始めよう。

なんどだって、そこから始めよう。

 

 

 

 

アウトロー\(^-^)/

 

 

迷ったときこそ、思い出せ。

既にアウトローだったでしょうが(笑)

こういう日が来ることを

どこかでわかっていたのだろうな。

 

 

あえてズレたのは、ズレるのを

恐れないでいたかったから。

ズレるのを恐れて、小さくなって

それなりに生きていたくはないと

そういう大人になりたくないと

思ったからだった。

 

普通、やらないでしょ(笑)

そう言われたけど、私はその普通という

枠組みを取り壊したかった。

やってよかったよ。

そのとき開いたせかいは、度々

私を救ってくれた。

 

安心してください、普通の枠、

もう壊れてますから!笑

なんでもこいのどんとこいだ。

 

どう生きる

 

 

生活を軽視しがちではあるけど、

生きるは生活に寄り添うように

あるわけで。

解体期が近そうなので(笑)、

今のうちに考えておこう。

 

 

好きなこと、大切な時間でいえば

本を読むことと一人で考える時間かな。

考えたことをつらつらまとめるのも

すっきりするし、せり上がってきたものを

言語化しておくと後々役に立つ。

できれば一人でふらっと旅する時間も

ほしい。半年に一回、二三日あれば

とてもいい。

 

家族や友達と過ごす時間って、

あまり考えたことがないかも。三ヶ月から

半年にいっぺん話せればいいかなぁ。

なかなか薄情なやつっぽいけど(笑)

単純に集まってぐたぐだするのって

息抜きにはいいけど、日常ではいいかなぁ

というところ。

だからたぶん、地元は過ごしやすいけど

地元志向ではないのかな。

 

 

そして仕事。今の仕事は慣れてきて

楽しい部分も飽きた部分もあるかな。

でも人に恵まれているから、穏やかに

過ごせていると思う。

でもずっとやりつづけるのか?といわれたら

微妙かなぁ。理想のコースが

みえないというところもあるし、

今はいいけど年を重ねると難しい部分も

出てくるだろう。

単純に、どうせならほかの仕事も

してみたいなというのもあるかな。

周りがみんな転職しているというのも

あるのかもしれないね。

できれば、技能なり技術なりが

積み重なっていく仕事がいいかなぁ。

あ、でも本読むことと一人の時間は

死守したい。

 

 

場所は、あんまりごちゃごちゃ

したところは苦手。しかし、

雪深いところも苦手。(わがままか)

図書館が近いと嬉しい!

 

あと、結婚問題。条件で考えた方が

いいというのはわかるものの、

その条件が正直あまりないかも。

一つ譲れないのが自分の言葉をもって

いることかもしれないと、婚カツをしていて思った。言葉というか文体といえば

いいのかな、賢さとはまた違うんだけど

これが好きとかこれについてこう考えるとか

ほんっとくだらないことでもよくて。

あ、面白い考え方!その視点なかったわ~

っていう発見がある人が好きで。

つけくわえれば、優しいというよりも

優しい目で世界をみる人、弱さに居場所を

与えられる人が好き(⌒‐⌒)

で、一番疑問なのがどこに生息しているの

というところ…!

そして、最近加わったのが子供を生み

教育することへの興味。贈与でなくても

与えるわけ、まだはっきりしないけどね(笑)

 

 

 

生きるを認める。

いいね!じゃなくていい、

あるね!と認め続ける。

それが私にとって、せかいを拓くことで

豊かなことだ。そこがわかったから、

わりと形式はゆるく考えている。

逆にいえば、いくら形式的には

世間体がよくても、生きるを認められない

のなら、変えた方がいいだろうなって

ことだ。

 

 

解体期はわりと生活のことで

ぐるぐる考えがちになる。

だから今のうちに、自分に向けて

言っておこう。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

生きることは別に良いことではない。

かたちであることは虚しさとともに

あるということだからね。

でも生きるに値しない人生はないよ。

わざわざかたちなんだからね。

親や社会に認められ、金や地位を

手にいれ、たくさんの人と共にいても、

虚しさがなくなるわけではないよ。

特別なことをして唯一の存在に

なろうとするのも、生産=価値を背景とした

資本主義社会の幻想だ。

なんにもなくても認めることはできる。

どうせ終わってしまうかたちなら、

変わってしまうかたちなら、

どんなかたちでいたいだろう?

 

今、自分で人生の駒を進めようと

しているね。もっと世界に触れて、

せかいを拓きたいという好奇心のため

だろう。けれど、不安や義務感、

利己心で選ばないよう気を付けた方がいい。

窮屈なところへ追いやらなくていいんだ。

あくまで私のかたちを、輪郭を強く

打ち出そう。そういう場所にいよう。

 

私のかたち。

優しくありたかった私は、今、人の優しさに

気付ける人でありたい。たくさんの

優しさに触れて、思うようになった。

世界に触れてせかいが変わることは

豊かなことだね。

 

二面性。

創造期と解体期がかなりはっきり

しているね。それが苦しくて悔しくて

毎年色々試みては来たけれど、

まぁ来るもんは来る。(笑)

そしてどちらもことばへの希求ゆえだ。

どれだけ歯軋りし髪かきむしり

コードで首しめそうになっても(笑)、

ことばを掴んでやるという野心。

それを、認めるよ。好きなだけ

ことばの海でのたうち回れ!(笑)

春が来れば、掴んだことばを言葉にし

せかいを拓くでしょう。それも、認めるよ。

 

誰かのためにかたちを縮めるな、

形式のためにかたちを歪めるな

 

 

よし。頑張らないで、生ききれ!以上!

 

 

 

 

 

 

 

詩の生まれる地

 

 

9年ほど前。私が高校二年生の

頃から、公開しないブログを

書くようになった。つまり日記として

残していたわけだけど、

たまに読み返してみると

なんだか泣けてくる。

 

最初は言いたいことも言葉にならず、

疲れた・嫌だ・イライラする

わーい・なんとなく・怖い…

そういうワードで構成されていて

うまく表現できないもどかしさが

透けてみえる。

同時に、書かずには立っていられない

切迫感も伝わってくる。

 

パンパンの自意識で破裂しそうな

教室の濃度を思い出した。

今の若い子たちもそうなのだろうか。

私や多くの私たちを抱き締めたくなって

しまう。大丈夫だと声をかけたいが、

肚落ちするまでは前途多難な道程だ。

一旦落ち着くための温かさだけでなく、

辛く険しい航海を照らすランプを

渡すことはできないだろうか。

 

銀河の上の広大な大地において、

鷺を捕まえて押し葉にする鳥を捕る人。

ジョバンニと同じように、詩の生まれる地で

私は彼の代わりに百年とり続けても

構わないような気持ちでいる。

鳥を捕る人は、その行為の意味するところ

をわからずとも、どこから来たか

わからないで言葉を失う人のことを

責めはしない。そういう慈悲の目を

いとおしく思う。

 

 

私は職業哲学者や詩人ではなく、

俗物哲学者や道端詩人でありたい。

哲学者も詩人も、いきることに対する

姿勢であろう。小さな物語を

歪めないで描くためのペンになる、

大きな物語を読むときの拡大鏡になる。

だからこそ、この地を耕そう。

そうでなくなって、やらずにはいられない

だろうけどね。

 

 

 

 

 

 

 

テンプレ、視野に入らず

 

思い返すと、見ているようで

全くみていなかったらしい。

大学時代の同じクラスのメンバーが

どのような人物であったか

ほとんど思い出せなかった。

だいたいあのグループの人かな、

くらいにはかろうじて覚えているものの

だからといって知ろうとも思わなかったし

現在の状況にも興味がなかった。

自分では色々興味を持って動いていた

四年間だったのになぁとぼんやり

考えていたが、なんてことはない。

面白くなさそうだからだ。

 

入学して同じような服装、髪型の

人たちとつるみだし、

異性間交流もそれなりにこなし、

サークルも軽めのに入ってコンパに

あけくれ、真面目に授業を受ける人を

小馬鹿にしながらツテで過去問や

ノートのコピーを集めて単位もなんとか

とり、3年の秋に急に黒髪短髪で

スーツに身を包み耳障りのいい会社から

内定をもらい、卒業まで遊び呆ける。

申し訳ないがこんなイメージしかないし、

現状聞く限りでもおよそ外していない。

なんだろうこのつまらなさ。

斜にかまえて生きることがかっこいいとでも

思っているのか知らないが、

自分の言葉なんて一つもなさそうな

ペラペラ感。

 

教育は拓かれるべきだと思う。

故に大学も無償化が望ましいが、

同時に高等教育機関として

協調性にとみ創意工夫のできる人材を

育てる責務も改めて胸に刻んでほしい。

考えなしになんとなく流されるまま

半径五メートルの幸せだけを求める

ならば、はっきりいって大学までの

教育は必要ない。

学校にとって学生は客であるが、

とりあえず卒業させてどこにでも就職

させるだけなら、単なる就職養成機関

だろう。学問を修めるところであり、

学んだことは活用されるべきだ。

そこの信用が担保されない限り、

いくら教育が重要であっても

税金を投じる謂れはないだろう。

 

 

急に厳しい(笑)

でもモヤモヤしてたんだよな、

教育の無償化に対する見方の温度が

違うような気がして。

そして、テンプレ大学生たちは今、

資本主義を疑わぬが従うしかできない

テンプレビジネスマンだ。

会社の文句をたれ、世間を知った

顔をして、アイコス片手に安酒ですか。

結構なお手前で!

 

拝啓 K様

 

暑い日が続いておりますが、

いかがお過ごしでしょうか。

私は外に出るのも億劫で、

冷房のきいた部屋で本を

めくり、想像世界でいきいき

過ごすような休日を過ごしております。

 

先程、好きな詩人のあるお方が

「他者と言葉を響きあわせるために

言葉を探す時間があってもいい、

言葉との関係を深めてよい」と

仰っていました。

およそ納得するところで、

相変わらず良いこというなぁと

膝を打ったのですが、同時にちょっとした

違和感を覚えたのです。胸の端のほうに

スッと隠れたその違和感を

点検してみたのですが、それは

言葉に対する希求が強い受け手は

それほど多くないのではないか?という

素朴な実感でした。

 

自分の言葉を求める人間の多くは、

おそらく意味付けする必要があった

人たちだと思います。あった出来事を

そのまま受け取ることが難しい人たちが

自分の言葉を求め、過去を自らの言葉で

語り直すのです。そうすることで、

認めたいと望むからでしょうか。

ノスタルジックな中2の自分を

抱えたまま大人になった人、とも

いえるかもしれませんが。

 

人は意味を見出だすために、言葉を

探したり深めたりする動物なのだと

思います。そして、見出だす必要が

別段なく暮らしてきた人たちは

およそ幸せに過ごしてこられた人

なのでしょうね。

 

 

けれども、宇宙における時代という

大きな物語を考えると、そうも楽観して

いられないように思うのです。

この大きな物語は序章から始まり

二章、三章と綴られてきており、現代まで

一連の繋がりを持っています。

そして今、大きな転換期を迎えつつある。

人工知能の発達に伴うシンギュラリティが

一つです。そして、地震地球温暖化

伴う自然災害の大規模化。

また、医療技術の発達に伴う

生命維持の長期化と死のリスク軽減

および人口爆発

到達の時間は予測より前後するでしょうが、

完全に食い止めることはできないでしょう。

できるとすれば、改めてその意味を

問い、どう向き合うか考え直して

舵をきることだけです。かたちの本来性から

考えても、航海をやめることは

できないはずですから。

そして舵をきるからには、搭乗員が

総力戦であたらなければとても間に

合いません。カリスマ的リーダーが

己の考える正義のために歪んだ政策を

繰り返してきたことは、大きな書物の

前章を読めば明らかですね。

だから、リーダーによる統制を待つのでは

なく、総力戦による戦術を考えねば

ならないと思うのです。そしてその前提

として北極星を目指して舵をきる

意味を理解し、己の役割を見出だし

投入しなければ、混乱するばかりです。

人は正しさのために殴りあってきて、

いまなおそうなのです。

不毛な争いを止めるには、罰則や

脅しではききません。ほんとうに何が

大切なのか、肚で納得するしかありません。

それが難しいからと避けて安易な方法に頼り

応急処置をしても、どこか必ず

裂けるでしょう。

 

 

確かに時間の長さでいえば人類の歴史は

短いものではありますが、

だからといってああそうですか、

と統制する役割を別の知的生命体に

受け渡せるものではありません。

無論、他の生命体や自然から必要以上に

奪いすぎたり、まして次の世代から

前借りしたりして搾取を積み重ねて

きている私たちです。

横の時代、しかも人類という種族の中で

いかに生き残るかしか考えていない

ものですから、奪還されても反論できない

かもしれません。

資本主義の跋扈する世界は、

格差の固定化および拡大が顕著です。

富めるものは損をしないよう疑り深く、

貧するものは生活に手一杯で生きることを

志向することができません。

社会とつながるにはそのツールとなる

言葉が必要ですが、教育は商品化され、

しかも高級品ですから。

また、できることがあるという予感を

持ち、豊かに未来を描くことも相当に

難しいことでしょう。

 

 

話が長くなってしまいましたが、

要するに言葉を求めぬ人々にどのように

働きかけていけるのか?ということです。

半径五メートルの幸せを守ることは

精神衛生上そしていきるを認めるために

大切なことではあります。

しかし、基準がそこにしかなく

主観の損得でしか物事を測れない

のでは、一搭乗員として不安です。

乗客ではなく、クルーであろうと

どうしたら語りかけられるでしょうか。

 

マズローさんの理論を借りれば、

とりわけ先進国の比較的裕福な

人々において、自己実現の段階へ

進みつつあるように感じます。

けれども、腹を割ってみれば

認められたいという渇望が

透けてみえることが多い。また、

自己実現の先にある自己超越の段階。

ユートピアの創造やみんな平等・愛が

大切、マインドフルネスで宇宙とつながる、

動物を食べるとはエゴでいやしい…

そういうもっともらしいセリフで

さばく人びとが、自己超越の段階と

賞賛される風潮もなんだかなぁと思います。

それらの大きな選択は、本来ギリギリの

ところで差し迫られて

泣きながら選ぶようなことです。

安全地帯からなんとなくみんなハッピーな

方を選ぶというような易いものではない。

何かの恵み、ひいては犠牲なしには

我々は生きていけない。それを切り離し、

操作できると頭で簡単に考えるから

原子力に頼るというところから抜け

出せない。そういう危うさと背中合わせで

あることを肝に命じるべきだと、

思うのです。

 

情報化の恩恵を受け、我々は

大きな物語を読むことも出来るし

同時代の識者たちの結晶に触れることも

出来る。大変恵まれた時代であると

思います。しかしながら、それ故に

他者の言葉にたいする敬意や

自ら思考し言葉を見出だす意義という

ものが軽視されているのかもしれません。

ネットで調べれば大抵のことはわかります。

しかしそのわかるは、つまるところ頭で

わかっただけで、心や肚のわかるとは

全く異なるものです。自分の言葉を持ち、

ぶつけていかない限り、それらはただの

記号として浮遊する文字でしかなくなって

しまう。自分にとって心地よい言葉で

周りを飾り、それを自分の世界だと

履き違えるような没個性的なかたちたちに

憤りを感じずにはいられません。

そしてまた、情報の多さに満足する限り

台頭してくる人工知能と共存していく

ことは難しいのではないかと思います。

なぜなら人類は情報を記憶するメモリでは

完全に負けてしまいます。勝つことは

難しくとも、対等にわたりあう部分が

なければ共存ではなく淘汰されるだけ

ですから、それを避けるには情報と情報を

つなぎあわせ物語を描く力を

伸ばしていくべきでしょう。

原始時代、身体能力では他の巨大生物に

及ばなかった人類はどのように衣食住を

確保し、今日まで子孫を繁栄してこられた

のか今一度考えてみたいところです。

 

一人一人の搭乗員が歪んだ認知を補正し、

思考を深め、言葉を磨く。その地道な

積み重ねなしに、一足で平成の世は

実現できないと思います。

そしてそれは、ただ苦しくつらい

戦いなだけではないと確信しています。

北極星を目指すのであれば、

他者と戦うのではなく言葉を求め己と

闘うことになる。そうして

せかいを拓いていく喜びや得られる

豊かさは、本当の意味で人びとの渇望を

癒すことになるのですから。

 

 

 

すっかり話しすぎてしまいましたね。

お忙しい中お時間を割いていただき、

ありがとうございます。

一クルーとしてどうあれるのか、

心して丁寧に生きていきたく思います。

残暑の折、どうぞご自愛ください。 敬具