せかい地図更新中。

模範解答はいらない、自分の答えを導く方程式

今日も脈略なく。

 

 

無条件の愛

 

矛盾している。

無条件な愛と条件付きの愛が

あるのではない。

愛は無条件が条件なのだ。

そしてかたちをわけもつ私たちには、

かたちという条件のない愛を

かたちなく認めることなどできない。

 

言葉はかたちだ。暖かいスープも

重ねる手のひらも満天の星空も

もちろんかたちだ。

 

 

かたちは有限で移り変わる。

儚いといえば儚い。けれどもそれが

かたちの条件なのだから、仕方がない。

そう、仕方がない。

この世は仕方がないことだらけだ。

 

 

かたちの共通項や法則性、

あるいは別のかたちへの転換方法を

どれだけ見つけ、また精査できるか。

最初は純心に追い求めたのかもしれない。

いつしか考えもせずかたちだけ引き継ぎ

(あるいは都合のいい解釈をし)

躍起になった結果、

ピラミッドから降りられなくなり、

命の選択に頭を抱え、信仰のために争う。

(伝言ゲームは悪意もなく間違う)

かたちからの解放どころか

ますますかたちに埋没している。

 

 

 

転換期だからというならば、

想像してみてほしい。

誰もが食うに困らず、衰えもせず、

皆豊かに暮らすような限りなく

不変な世界を。

そんな世界でまともにかたちで

あり続けること、かたちの意味を

問うことなど出来るだろうか?

なぜ生きていることを喜び感謝し

悲しむことができようか。

 

困難があるから生きることも輝くと

言いたいのではない。

どのような理想郷を実現しても、

かたちであることからは逃れられない。

(それはかたちにとっての理想郷だ!)

本当に唯一求めていることは、

ここにはない。

それがはっきりと分かったのなら、

なぜまともに生活していられるだろう。

 

 

核兵器は人類の過ちのシンボルだ。

だからこそ、理想郷を完成させた暁に、

そのスイッチが押されるのではないか

と思う。かたちを失うために、

嬉々として。最大の解体のために。

なるほど閃光は確かに最期の光に

似ていないこともない。

その時人類は何を思うだろう。

かたちであったことを、

そしてかたちでないことを

認められるだろうか。

(過ちであるところのワケを?)

 

なに、そんなことをしなくったって

私自身の死で足りる。各々の死で足りる。

だから結局、向き合う事態は

同じなのだ。

 

 

何のために、が不毛な問いなら

何を問おう。

生産性=価値、という社会のあり方に

がんじがらめになっているこのかたちを

解放させてやることからはじめよう。

そのためには、まず生産性と価値とを

それぞれ問い直す。ハンマーで

かちわってから

「はて、どうしたものか?」

と考えるのはお得意様だ。

 

 

 

私には愛がわかりません。

絶対にわからないのに

わかりたい訳がわかりません。

わからずにいられない訳が、

わかりません。

なのに、わけもっているのだから

ますますわかりません。

わけもっているのなら、どこかに

あるのでは?と思いたい。

そして信じたい。なのに、

それはかたちへの沈殿に

繋がってしまう。

愛から遠ざかってしまう。

いや、もとより近くないのなら

遠ざかることもないのだろうか。

すみません、やっぱりわかりません。

なのに何故でしょう。

わからないことをかたちの上であっても

認めることは、少し気持ちがいい。

安らぐような懐かしいような

柔らかいような感覚。

 

 

明日が来る。

来たら認める。

太陽はきっとサボらないし、

地球もやっぱりサボらない。

頑張ってサボらないのでなく、

かたちの性質として繰り返す。

だから私も、私のかたちの性質として

がんばらなくてもサボらないことを

しようと思う。

私がサボらないのは、

食べる寝る考える。そんだけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きている理由

 

 

思わず笑みがこぼれる瞬間が

キラキラ散らばっていたら。

それだけで生きてるのも悪くないな

って思っていいんだよね。

十分生きる理由なんだよね、きっと。

 

例えば休みの日の二度寝。

グシャグシャの頭のまま食べる

熱々のトマトスープとこんがりトースト。

目的地もなく電車に乗り

気になっていた本を読む。うたた寝。

凛とした冬の空気に包まれるホームに

立って深呼吸する。その地に住む人を

眺めながら散策して、名物を食べる。

博物館や文学館によって、

しんとした中で歴史やそこに生きた人を

思う。どんな生活をして何を楽しみにして

いただろう。なんでもないいなか道を

歩く。よろめきながら自転車をこぐ

おじいさん、黄色い帽子の女の子たちが

夢中で話ながらすれ違う。

夕暮れの車窓から、シートにこぼれる

とろりとした橙色の光。

染められた田んぼが地続きに広がっている。

 

(全部溶けてゆけ!)

瞬間的に全身を駆けるコイツの正体は

祈りなのかな、と思う。

同時にわかる。私は所謂幸せを

生きる拠り所にできないことを。

橙色の光を背に受けて

頭を寄せあうように微睡む親子は、

めったに疑わないものだ。

幸せであるか否かを疑っても

幸せに向かうベクトル自体は

疑わない。終点は幸せだと

信じるでもなく信じている。

 

 

だとすれば私の終点はない。

不安な夜は固定化してしまいたい

欲求にかられる。

うまく息をすえなくなって

かたちから突き抜けようとする

衝動を抑え込む如くに抱き締める。

おちつけおちつけおちつけおちつけ…

 

 

いつの間にか立っている荒涼とした

淋しい浜辺。鈍く光る曇天。

地平線は曖昧で、グラデーションがかった

一枚の絵に似ている。

瞬きの合間に今日から

明日だった今日へバトンが渡り、

地続きの今をにらんでいる。

 

自分の熱で焼け死ぬときが

私の寿命。

意味である意味を知りたい。

それ以外はあまり重要じゃない。

意味になるんでも、意味を見いだす

んでもない。

意味であることを受け取り、

意味である意味をいつも考え、

想い、感じる。

解明が目的じゃない。

解釈を重ねて、納得したいだけ。

生きることを認めたいだけ。

だけ、があまりに難しいから

まだ生きている。生きていられる。

 

 

 

 

 

 

 

吐きながら抱きしめる

 

 

状況が動かないまま、にらみあってることに

耐えられなくなって動いてみた話。

 

*************

 

Googleの検索履歴に

⚫死ぬ 手段

⚫生命保険 免責 

⚫身辺整理

とか彼岸へ引っ張られてる

フレーズが並ぶようになってきた。

 

2ちゃんには準備物から注意点まで

細かく載ってたりして

ありがたいんだかなんなんだか(笑

もちろん抜かりなくスクショ。←

解体初期は念入りな方法を画策してた

くせに、最近じゃ

「部屋であるもんでいけないかな?」

みたいな手抜き加減。

境界線を越えることとか

存在だなんだといってきたのに、

そのときは見事にポンと抜けていた。

思考はマイナスのまま行動スイッチが

入ると怖い。理性も感情もなく、

「考えたって仕方ないや、

とりあえずやってまおう!」という

衝動だけで動いてしまう。

 

最初に試したのは水だった。

飲みすぎると水中毒になるという

情報を知り、気軽に試してみる。

二リットルすぎた辺りから

ちびちびとしか飲めなくなり、

ちょっと気持ち悪くなった程度で

ダメだった。

 

次が首つり、というより締め?

ぶら下がるにちょうどいいところが

なく手でぎゅっと締めるも

心臓ばくばくするだけだった。

 

その直後にゴルフのパターで

頭を殴る。(あきらめのんかい!)

自分で全力スイングは無理すぎた。

 

 

そして、お酒。

もともとあまり強くないほうで、

どれくらい飲めるかわからなかった。

で、とりあえずビール!

…ん?うわうわ!きぼちわるっ。

髪の毛引っ付かんでのたうち回り

水をのんではのたうち回った。

三時間くらいしてやっと吐き、

ホッとしていつのまにか寝ていた。

 

 

のたうち回る三時間の間、

あちらの世界と交渉(を勝手に)した。

死なないと約束しないと苦痛から

解放されないのでは、と思いながらも

確約できないことを言い切るのは

できないという謎の正義感があった。

(やっぱ生きてたいだろ?的なほくそ笑みに

反抗心を抱いたのもある。笑)

なので、生きるベクトルとそちらへ

向かう一歩目について考えてみること

にした。今まではハナから

「存在には所詮叶わない」と決めつけて、

シャットダウンしていたこと。

穏やかに生きることを認める方法、

いや時に穏やかじゃなくたって

認める方法を。

 

 

かたちであること。

それを認められない私がある。

かたちの先にしか、存在はない。

そうやって、かたちと存在の

間に線を引いてみる。

別物と考えるのではなく、

ただの影だとなげやりになるんでもなく

つながりある関係だと。

そしてその線を引くのは

他でもない自分なのだと。

誰もが線を引く当事者で、

例え無意識であっても引こうと努めている。

信仰、芸術、共感といった営みは

愛の紛い物や影ではなく、愛へ引こうと

する線なのだと考えてみる。

だから安心してかたちであれるのだと

解釈してみる。安心できないのは、

その線が引けないと感じるときなのかも

しれない。

そして存在に迫まろうとするとき、

一度かたちを離れて新たな視点で

眺めることを望む。それは、

かたちから離れるというよりも

俯瞰してみる、というのに近い。

かたちの輪郭をとりはらう。

そしてそこから新たなかたちを

模索し、創造する。

それは存在に迫るアプローチだけれど、

一時的には既存のかたちを壊す

わけだから、かたちである我々は

影響を受けずにいられない。

かたちは意味であり、意味はエネルギーで

もある。だから、強く意味を求める事象で

かたちが壊れる。

それは、次のかたちのためである。

意味を求める故の解体なのに、

かたちでなくなったら意味は不要になる。

そこが最大の読み間違えポイントなんだ!

(と、読み間違えている当事者は

つかんだことばにちょっとニヤつく)

 

前向きに死をとらえることは、

存在を肯定していなければ難しい。

そして、存在を肯定するということは

かたちを肯定するということだ。

その間の線を引こうとする試みが

営みであって、派生するかたちが

生きるということならば。

あの問いに、答えられる糸口が

少しだけ見えた気がした。

 

 

吐きながら抱きしめる。

なんという地獄絵図(笑)

もう少しあがこう

 

 

 

 

 

 

考えるスパイラル

 

考えることをやめたくて、

もがいて苦しんで

藁をもすがる思いで

手を伸ばしたのは

考えることだった。

考えることが追い詰め、

考えることで救ってきた。

すべての波は、考えること

すなわち意味を求めるゆえに

引き起こされる。

だから、考えることが怖い。

けれど、考えられなくなることは

もっと怖い。

 

あるね!と認めるために

考えること、すなわち

意味を求めるエネルギーは

それほど必要じゃないように思う。

まだからまっているから

遠回りしているのだろうか。

自分だけでなく、全存在者の

あるね!を認めようとするから

燃料詰まりするのだろうか。

 

なにも考えずにいられるのは

寝ているときだけだった。

なのに今は夢の中でさえ

考えている。思うように考えられない、

考えが散り散りになりまとまらない、

ということを悶々と考えている。

全然休まらない。

意味を求めるエネルギーを

全力で燃やすのは、

かたちを出しきることだと思う。

それは、生きることを考えるということ

なのに頭のなかは彼岸が占める。

「死んだらかたちを失うから、

意味を求めなくなるぞ。

そのものになったら、片鱗を

掴めないぞ」

それだけが、首の皮一枚残して

生きる方へとどまらせている。

周りの人に悪いとか迷惑かけるとか

そういうことも多少は思うけど、

抑止力にはならない。

ギリギリのところで耐えさせるのは、

結局知りたいという執念だ。

 

 

繰り返すたび、擦りきれていくのが

わかる。脳ミソだって消耗品だ。

完全に考えられなくなったら、

どうなるのだろう。

楽になるだろうか?わからない。

意味を求めるエネルギーがなくなり、

かたちとしての意味だけになったなら

かたちを出しきっている

といえるのか。むしろその方が、純粋に

かたちなのか。出しきるとは、

どういう状態なのだろう?

 

 

脳ミソぶん投げたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらが私なのだろう

 

少しだけ落ち着いてきた。

相変わらずぼーっとしてるけど、

なんとか生活はできている。

 

***********

 

去年の秋、もはや耐え難いと思った

ビックウェーブ。

今までは学生ということもあり

ごまかしてこられたけど

いよいよそうはいかなくなって

冬の終わりころから備えはじめた。

ことばと法則をつかみとることに

専念する準備もした。

 

そしてやってきたビックウェーブ。

無気力で頭も回らず圧倒的な

不安と焦燥感に包まれ、拳を握って

ひたすら嵐が過ぎるのを待つ日々。

 

考えも全くまとまらず、

パソコンの前で気づけば数時間

ぼーっとしてしまう。

ものを壊し言葉も出てこず

人の名前も覚えられない。

今まで接していた人との距離感

すら忘れ、挙動不審。

次にすべきことも想像できず

あたふたしてる間に

また次の案件がきてさばくことが

できない。

 

記憶喪失なのかと疑うほど、

数日前まで出来ていたことが

わからなくなってしまった。

とてつもなく怖かった。

正直、死の衝動に耐えるだけで精一杯だった。

 

 

いったいどちらが私なのだろう。

がらがら崩れたものを

もう一度積み重ねるとしても、

次の波を越える自信がない。

そうまでして、ことばを

見つけたいと願う私は

一体どこへ向かっているのだろう。

死んでもいいから生ききる、

そう言いきった私は

生ききる以前の生きるを

軽く扱っている。

生ききる前に死んでしまうよ。

 

 

内側に沈みこんでしまえば

ことばさえ届かない。

それでもことばに全部かけるの?

もとより生きるを支えるための

ものではないのかもしれないけど、

あまりに寂しい。

 

ただ毎日を、生きるを愛したかった

だけなのに。生きるを認め、肯定

したかっただけなのに。

なぜこんなに遠回りなんだろう。

難しいのだろう。

 

 

 

 

生きるは怖い、だから

 

 

生きる方を向いたら、

怖くてたまらなくなってきた話。

 

 

資格や結婚、保険など

セーフティネットを探してしまう。

終身雇用は崩れ、給与カットも

珍しくなく、病気で働けなくなる

リスクもあるものね。

みんな、必死で生きている。

確実なものなどない。

楽しいことばかりじゃない、

たんたんと営む毎日を

続けていくことは

全然当たり前じゃない。

 

 

社会性低め、女子力低空飛行

実家暮らしで甘ったれ。

一人きりで頑張る必要はないけど、

ふさぎこんで不機嫌な顔して

気を使ってもらってるのは

やっぱり変だよね。

いつも全力ダッシュはできなくても、

歩いたりまわりをみたり

できることはあるよ。

 

みんな色々かかえている。

1の後ろに10、20見えないものがある。

そして、1の手助けや気配りを

感じたならその背景に

見えないたくさんのそれらがある。

全然まわりがみえていなかった。

ミスや遅れで、自分ばかり大変な

気もちになっていた。

家庭のある人、役職のある人

病気持ちの人の方が大変だと

比べる必要はないけれど

想像して心配りはできる。

ポンコツでも、準備やツールで

ある程度カバーできる。

迷惑かけないようにじゃない、

すこしでも誰かの生活や働く、

つまり生きることが暖かくなるように

働こう。

 

ペースは違っても、生きる方を

向いて歩く。

今、たくさんの暖かさに

泣いてしまう。

生きるは怖いけれど、

だからこそ暖めあいながら

営むのかもしれない。

顔あげて、歩こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

内側へ沈みこみ

 

 

底に背がついたかもしれない。

 

みんなに生かされている。

申し訳なさでいっぱいだけど

与える方になりたいけれど

笑ってしまうほど頭が回らない。

一手先を読むのにものすごく労力を使う。

それでもなにか見落としてしまう。

すぐまた次がやって来て、

さばくことができなくなっている。

 

 

ぼーっとし、ぎこちない言動に

やってしまったと後悔し、

人との距離感がわからなくなり…

つまりは、空回りしている。

こんなんじゃ、給料もらえないなぁ。

 

 

 

たぶんこの状態もいずれ抜けるだろう。

でもまた来る。それがずっと続くことが

怖かったから、克服しようとしてきた。

抜けたときに貯金をつくるように

して、なんとか回してきた。

でも、少し疲れた。

 

 

ポンコツでもいい

ミスしてもいい

いつもにこにこでなくてもいい

気が利かなくてもいい

甘えていい

やる気でないままでいい

ぐずぐずすることあっていい

 

 

50年は気が遠くなるから、

まず5年。生命でも意志でも

執念でも。

 

生きる

 

たった三文字だけど、自分事の

三文字は、とてつもなく重い。

醜態さらしても迷惑かけても

意味なんてもとよりなくて

かたちを持たないことが理想的で

どうせ死ぬけど。

 

 

生きる  よう努める

 

…守りに入った(笑)

ベクトルをぎゅんと生へむかせることは

出来ない。

それでいいんだ。