せかい地図更新中。

模範解答はいらない、自分の答えを導く方程式

秋の哀愁ということにして

生きていることに、罪悪感がある。 今まで生産より消費の方が多く、 守るより守られ、義務より権利が 与えられてきたと思う。 それはとても温かく、有難いことだ。 恵まれている、愛されている。 そういうかたちで、いつも認められて いたのだと思うと胸が熱…

命のベクトル

生きたくなるように 自分を仕向けてきたけれど、 ふぅと息つくとき 死への衝動にかられる。 飛び降りそうになる自分を ぎゅっと抱え、落ち着かせては むなしくなる。 結局、死にたがりのまま生きている。 命にも、ベクトルがあると思う。 死に向かうベクトル…

臆病もの

重く湿った不安感に襲われる。 息が苦しい。小刻みに背中が震えている。 生きなきゃいけない、苦しくても。 生きなきゃいけない、意味はなくとも。 生きている罪悪感は、消費に生産が 追いついていないからでもあるし 嫌々受け取ってるからでもある。 気遣い…

その感覚がわからなくて発狂しそう

結婚、出産、健康長寿 おめでとう、お大事に わからない。 穏やかな会話であるほど、 発狂しそうになる。 かたちから解放されたいのに なぜかたちを保持しようとするのだろう。 かたちが続けば、少しずつ永遠に近寄る? 続いていくこと自体が仮想の永遠? か…

子供について思うこと

年齢的にはちょうど適齢期だ。 けれども、子供を育てている自分や 家庭を築く未来を疑いなく描くことが 出来ない。ふわふわした感じには 描けるけど、その未来を疑いなく 信じている人とは比べ物にならないなぁ と感じる。 産む産まないに関して論点はたくさ…

波間からこんばんは

起きてしまったついでに 働いてもしまった1日。 ごろごろしながら思うこと。 解体期はたいてい暗いもんだ。 定点観測のために考えたことを 書き残してきたけど、繰ってみても まぁ暗い。でもミサワにこんなんいたな、 ってじわじわわろえる。逆に創造期は …

答えられなかった問い

『なぜ死にたい人を殺しては ならないのか』 大学の時、哲学の試験で出た問題。 習った内容とか教授の性格とか 自分の経験とか三面記事とか 頭んなかで切り貼りして書くには 書いた。 でも、納得いく答えは書けなかったし いまだにこれだと思う解答は得られ…